テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT >>

TOP > CATEGORY - 日帰りハイキング

>> EDIT

今シーズンは天気が悪し by まるど

 今週、私は一人でオフィス業務です。



 天は、「70代だけどすごく健脚グループ」の4名さまと共にダニーデンへ移動。明日は、空路でクライストチャーチ、27日はニュージーランドご出発ということで、最後まで気を抜かず、ガイドしてください。

 レイザーJT は、昨日、今シーズンのハイキングを終了し、今日から残った休みの消化。来る前にはオフィスに顔を出すはずですが、未だに、テ・アナウを何時出るのか決めておらず、「アンタ、まだ、いるの?」と言われる日も近いでしょう。



 昨日、4名のお客さま、天&レイザーJT は、ドアパスという、健脚・ロングコースに出かけました。

 このコースは、朝5時発、戻りは早くて6時半(もしくは、車を取りにいく場合は8時)と長時間コース。更には、川の渡渉、標高差、などなどのある「健脚コース」です。

 スタート地点と、ゴール地点が違う為、車が2台必要で、後から取りに行くこともあります。



 しかし、昨日、2人が4時前に戻ってきたので、びっくり。



 理由を聞くと、1・天気予報では雲がない快晴だったのに、現地は雲が低く、ガスっていて何も見えない、2・川の水位が高く、流れも早くて、身長185cm のレイザーJT でも流されそうなくらい、3・前夜の雨で草がぬれていて滑る・・・、と「今シーズンは天気が悪い」のを実感させるようなことばかり、です。



 そこで、天が判断して、戻ってきたのでした。これが今シーズン最後のハイキングのレイザーJT にとっては、不完全燃焼かもしれませんが、「安全第一」と納得しています。



 お客さまも残念がっているのかな?と思いつつ、今朝、このグループさんをお見送りに行きましたら、女性お二人が「生まれて初めて男性に背負ってもらった!」と喜んでいらっしゃいました。流れの早い川の渡渉で、レイザーJT が背負い、それを天が支えながら、川を進んだ、とのこと。

 「じゃ、今度は、ご主人に背負っていただいたら」とお話しすると、「もう、年だから背負ってもらえないわよ~・笑」といいながら、ご出発されました・笑。



 でも、その「背負ってあげた」天とレイザーJT が戻ってきた時、そこはかとなく泥の匂いがしたんですよね~。まぁ、大変な山の中では、関係ないか・・・。



 当社はこういった上級ハイキングコースも催行していますので、「我こそは!」と言う方、ぜひ、歩きにいらしてください。


スポンサーサイト

| 日帰りハイキング | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バレンタインデーのいたずら by レイザーJT

 この日の天気予報は大雨、だったのですが、明け方の大雨のあと8時頃にはテアナウの町では晴れ間も見えていました。



 しかし10時半頃のキーサミットはまだ雲の中・・・。時間が遅いほど天気の回復が見込めるため、寄り道してから、ゆっくりとお昼過ぎから登り始めました。

 

 頂上近くで少し周りの山々の一部が見えてきたものの、まだ雲が多い状態。頂上で遅いお昼を取りながら、くもの取れるのを待つことに。それでも、いつも恥かしがりのクリスティーナは今日も顔を見せてくれない・・・。

 

 その時、短時間でしたが、雲間にクロスカット山等の俊峰が姿を見せてくれたのです。


 

 下り始めると雲の隙間がまた少しずつ広がりはじめ・・・、なんとハート型に! そしてそのハート型の窓の向こう側にもう一度クロスカット山が姿を見せてくれたのでした。

 

 そういえば今日はバレンタインデー、はは~ん、天のいたずらに納得しました。



 ちなみに、ニュージーランドでは、バレンタインデーに男性が女性にバラの花を送ることになっているらしいです。このハイキングの後、オフィスで、まるどさんに薔薇の花を「請求」されました。


| 日帰りハイキング | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花探し by とみー

 先週、レイザーJT さんが担当するツアーにテアナウ~クライストチャーチまで便乗させてもらい、tutoko本改訂版に掲載したい、花の写真を撮りに行きました。

 行った先は、マウントクック国立公園内の山とカンタベリー地方の山。最大の目的、ペンワイパーはなかったものの、新たに数種の花の写真を撮ることができました。



 写真はその中のひとつ、ブラックデイジー。標高約1300~2000mの高山帯の岩場に咲く、小さな花で、生育エリアも限られています。



 今期は、天さんに加え、レイザーJT さんも植物の写真を撮りまくっているため、tutoko本に掲載する植物がとても増えそうです。数千枚の写真の整理が大変・・・。

 

 これから4月にかけて改訂版作成の作業を進めていきますが、どんな本になるのか楽しみです。作業はとても大変ですが、みんなで協力して、良いものを作っていきたいと思います。

| 日帰りハイキング | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マナポウリモニュメントのウィニカ by レイザーJT

 ニュージーランドの原生蘭の花は小さくて色も目立たないものが多い中、これは、最も蘭らしい蘭と言えるかもしれません。

 

 今回ご紹介する花は、なかなかお目にかかれるチャンスが少ないランの一つです。着生蘭の仲間のため、通常は木の高いところに生えており、たまたま低いところに生えていないと見つけるのが難しいからです。

 

 この花、長い間東南アジアや太平洋の島々で多くの種類が見られるデンドロビウムの一種と思われていましたが、現在ではNZ固有属と認定されています。

 一属一種で先住民マオリの人達に呼ばれていた‘ウィニカ’という属名で呼ばれています。

 

 写真のウィニカはマナポウリ湖畔のモニュメントという岩山の頂上付近で見られました。

 

 それでは、また~。

 

| 日帰りハイキング | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ルートバーン道中のグリーンバード by レイザーJT

 は~い、皆さんこんにちは~。元気ですか~! レーザーラモンJTで~す! フォ~~~!

 

 さて・・・、

 NZの花は1月前半~中旬に最も多くの種類が咲き、蘭の種類も最も多く見られますが、今回はその中でもレアものの一品をご紹介します。

 

 その名は‘グリーンバードオーキッド’。「緑の鳥蘭」です。

一株に葉(羽?)が2枚で、くちばしを大きく開いているような花です。

 

 森の中の苔床に生えており、花の大きさは1.5cmぐらいあるのですが、緑色で背丈も低いので、なかなか見つけづらい花です。

 

 NZ全土に広く分布しているらしいのですが、あまり目にすることはなく、限られた場所にしかないです。1月前半~中旬のルートバーンツアーに参加すれば、見れるかも??です。

 

 ではまた、何かありましたらブログUPしますね~。


| 日帰りハイキング | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>