テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

| PAGE-SELECT |

TOP > CATEGORY - トレッキング

>> EDIT

マウント・アルフレッドのコースチェックに行ってきました 2 by まるど

「パラダイス」と呼ばれるワカティプ湖北にあるグレノーキーの街から、マウント・アルフレッドにコースチェックに出かけた天とまるど。

 午前中の気温が低めなのに助けられて、順調に頂上に到着したのは良かったのですが、下りはサバイバルなことに。その為、下りでの写真が一枚もありません、ゴメンなさい。

 今回、久しぶりにニュージーランドのワイルドなトラックを歩いて、体力低下を実感したまるどは悔しさのあまり、「もう一回行ったら、スムーズに歩けそうな気がする」と思っています。

 それでは、続きをどおぞ。

>> 続きを読む

スポンサーサイト

| トレッキング | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新年早々 by まるど

 すっかり遅くなってしまいましたが、皆さま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ、よろしくおねがいいたします。



 1月1日から仕事だったツトコスタッフの面々。社員数4名の、超・超・超・超・超零細企業では忙しいとあっという間に、スタッフが不在になります。なんだかんだ言っても年末年始の、1~4日の間は仕事がありました。



 そのバタバタが一段落した、4日から8日にかけて、まるどはガイドとしてミルフォードトラックを歩いてきました。



 今回のお客さまは、Y さまご夫妻の2名さま。ミルフォードトラックには全参加者50名に対し、4名のガイドが付き、中には日本人ガイドも付くのですが、歩行中は殆ど一緒に歩かないということで、Y さんは、「歩行中も一緒に歩いて欲しいから」と弊社ガイドをご希望され、10日間の期間で、テ・アナウのハイキング+ミルフォードトラックと言う行程になりました。



 しかし、今年の(年末)年始のお天気の悪かったこと!!! 「フィヨルドランドは雨が多い」のは勿論ですが、「夏」であるはずの1月に気温の低い、大雨のお天気・・・。

 谷歩きは良かったものの、マッキノンパスでは通常でも強い風が吹くのに、更に強い風が吹き、新年早々、本当に大変な山歩きとなりました。



 Y さんに「まるどさんがいてくれたから、二人共歩けたんですよ」と言われ、正直なまるどは、「いや~、本当は、”ここでヘリ呼んで(って、飛んで来ないよ)、乗りましょうよ”と言いたくて仕方ありませんでしたよ~。私こそ、お二人が頑張っていらしたから、頑張れました」と、Y さんご夫妻と共に、お互いの健闘を称え合い(?)ました・笑。



 でも、お天気の悪い中では、「どのように足を置くか」「どのようにストック(杖)を使うか」「気温差のある時の体温調節」「疲れた時はどうするか」「歩き続ける気力をどう持続させるか」などなどが、経験でき、「山を歩く技術」を取得できると実感しました。

 

 つまり、雨の多いフィヨルドランドで、私たちガイドと共に「安全に」歩くと、同時に技術も身に付くのですよ・・・。





 ニュージーランドトレッキング・ハイキングをお考えの方、ぜひ、弊社のハイキングツアーで歩きながら、「山の技術」も体得してください。

 「雨でも強い山歩き」を目指す方! ご連絡お待ちしております!!


| トレッキング | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ウエストランド国立公園 byとみー

 先週、トレーニングで、ウエストランド国立公園のマウントアームストロングにレイザーさんと行って来ました。標高は2170m。上写真はアームストロング山頂から望むマウントブルースターです。

 アームストロング山は、トレッキングレベルで山頂まで登ることができ、山頂から、氷河を抱く山々の雄大な展望を楽しむことができます。山小屋は半年前、新たに建て直されたばかりで、とてもきれいでした。小屋の前からも絶景が広がります。



 トイレ(下写真)もきれいで、しかもかなりの絶景ポイントに、ミルフォードトラックのマキンノン峠にある、「世界で最も美しい景色を眺められる」と言われているトイレからの景色を十分上まわるように思えました。



 この山小屋に宿泊して、レイザーさんと珍道中、楽しい1泊2日の山行でした。



 このコース、今後、ツトコスペシャルツアーに組み入れられることがあるかもしれません?? 乞うご期待ください!


| トレッキング | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ハンプリッジトラック byとみー

 先週、ハンプリッジトラックのガイドに行って来ました。

 ハンプリッジトラックとはフィヨルドランド国立公園のトレッキングコースで全長約56Kmを2泊3日で歩きます。宿泊のロッジは温水シャワー付き、暖房も完備されており、ミルフォードトラックやルートバーントラックと並び、快適そのものです。

 今回はこのハンプリッジトラックのポイントを簡単にご紹介しましょう。



ポイント①「景観」

 歩くコースは、フィヨルドランド国立公園の真骨頂とも言えるシダと苔の美しい森、360度のパノラマが広がる稜線、そしてホーボー海峡に面した海岸、と、とても変化に富み、それぞれの素晴らしい景観を楽しむことができます。



ポイント②「植生」

 海岸線から山頂部までの標高差は約1400m。この間、植生の移り変わりがはっきりとわかり、様々な植物を見ることができます。特にスパイダーオーキッドやグリーンフードオーキッドをはじめ、ランの種類が豊富です。いろいろなデイジーやモウセンゴケ、もちろん、マウントクックリリーもあります。



ポイント③「橋」

 トレッキング2日目には世界最大の木造の橋「ファーシーバーン」を歩いて渡ります。







ポイント④「参加人数」&「荷物」

 ハンプリッジトラックも人数規制が厳しく管理されており、ミルフォードトラックやルートバーントラックなどに比べ、静かな山歩きが楽しめます。今回はお客様7名様の貸切でガイドウォークを楽しみました。また、ロッジで使う着替えなどの荷物はすべてヘリコプターで運んでくれる、なんともゴージャスなサービス付き(もちろん料金込みです)! トレッキング中は軽々と、日帰り装備のみで歩くことができるのも魅力です。



ポイント⑤「ロッジ」

 ハンプリッジトラックのロッジは、前述した設備をはじめ、ロッジからの景色がとても綺麗です。初日のオカカハットからはホーボー海峡、スチュワートアイランドを望め、海から昇り海へと沈む、美しい朝日と夕日を堪能!

2日目のポートクレイグハットは、すぐ下が美しいビーチになっており、ヘクターズドルフィンというイルカをかなり高い確率で、しかも間近に見ることができます。



・・・と、まだまだオススメのポイントはありますが、あとは皆さま自身で、実際に歩いて、発見し、感じてください。

| トレッキング | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |