テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

<< 2007-12- | ARCHIVE-SELECT | 2008-02- >>

| PAGE-SELECT |

TOP > ARCHIVE - 2008年01月

>> EDIT

ハンプリッジトラック byとみー

 先週、ハンプリッジトラックのガイドに行って来ました。

 ハンプリッジトラックとはフィヨルドランド国立公園のトレッキングコースで全長約56Kmを2泊3日で歩きます。宿泊のロッジは温水シャワー付き、暖房も完備されており、ミルフォードトラックやルートバーントラックと並び、快適そのものです。

 今回はこのハンプリッジトラックのポイントを簡単にご紹介しましょう。



ポイント①「景観」

 歩くコースは、フィヨルドランド国立公園の真骨頂とも言えるシダと苔の美しい森、360度のパノラマが広がる稜線、そしてホーボー海峡に面した海岸、と、とても変化に富み、それぞれの素晴らしい景観を楽しむことができます。



ポイント②「植生」

 海岸線から山頂部までの標高差は約1400m。この間、植生の移り変わりがはっきりとわかり、様々な植物を見ることができます。特にスパイダーオーキッドやグリーンフードオーキッドをはじめ、ランの種類が豊富です。いろいろなデイジーやモウセンゴケ、もちろん、マウントクックリリーもあります。



ポイント③「橋」

 トレッキング2日目には世界最大の木造の橋「ファーシーバーン」を歩いて渡ります。







ポイント④「参加人数」&「荷物」

 ハンプリッジトラックも人数規制が厳しく管理されており、ミルフォードトラックやルートバーントラックなどに比べ、静かな山歩きが楽しめます。今回はお客様7名様の貸切でガイドウォークを楽しみました。また、ロッジで使う着替えなどの荷物はすべてヘリコプターで運んでくれる、なんともゴージャスなサービス付き(もちろん料金込みです)! トレッキング中は軽々と、日帰り装備のみで歩くことができるのも魅力です。



ポイント⑤「ロッジ」

 ハンプリッジトラックのロッジは、前述した設備をはじめ、ロッジからの景色がとても綺麗です。初日のオカカハットからはホーボー海峡、スチュワートアイランドを望め、海から昇り海へと沈む、美しい朝日と夕日を堪能!

2日目のポートクレイグハットは、すぐ下が美しいビーチになっており、ヘクターズドルフィンというイルカをかなり高い確率で、しかも間近に見ることができます。



・・・と、まだまだオススメのポイントはありますが、あとは皆さま自身で、実際に歩いて、発見し、感じてください。
スポンサーサイト

| トレッキング | 07:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

クィーンズタウンに来ています by まるど

 このブログもレイザーJT が加わり、毎日のように更新されていて、とってもブログらしくなってきました、喜ばしいことです。



 そのレイザーJT は、ツトコスペシャルツアーのお客さまと共に、今日からミルフォードトラックに入り、とみーはハイキング、天は社長業の一日でした。

 そして、私、まるどはツトコのオフィス業務を終えた後、180キロ離れたクィーンズタウンまでドライブ。って言ったって、遊びではなく、お仕事お仕事・・・。クィーズンタウンのガイド業のお手伝い、です。明日は、ミルフォードサウンド一日観光のガイドなので、お天気がいいといいな。



 テ・アナウからクィーンズタウンに来て、まず感じるのが空気が乾燥していること。年間降水量が1500 ミリのテ・アナウに比べ、クィーンズタウンは850 ミリと、半分の雨量のため、テ・アナウより乾燥しています。そのせいか、先回、来た際、見事に風邪を引いてしまったので、今回は注意です。



 シーズンも残り2ヶ月ほど。今シーズンも、最後まで「怪我なく、事故なく、病気なく」、過ごせますように。天・レイザーJT、とみー、頑張ろうね。

| ツトコ・アウトドア・ガイズ | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マナポウリモニュメントのウィニカ by レイザーJT

 ニュージーランドの原生蘭の花は小さくて色も目立たないものが多い中、これは、最も蘭らしい蘭と言えるかもしれません。

 

 今回ご紹介する花は、なかなかお目にかかれるチャンスが少ないランの一つです。着生蘭の仲間のため、通常は木の高いところに生えており、たまたま低いところに生えていないと見つけるのが難しいからです。

 

 この花、長い間東南アジアや太平洋の島々で多くの種類が見られるデンドロビウムの一種と思われていましたが、現在ではNZ固有属と認定されています。

 一属一種で先住民マオリの人達に呼ばれていた‘ウィニカ’という属名で呼ばれています。

 

 写真のウィニカはマナポウリ湖畔のモニュメントという岩山の頂上付近で見られました。

 

 それでは、また~。

 

| 日帰りハイキング | 13:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ある日の出来事 by まるど

 ある休日の午後、二人でスーパーに買い物に行って、家に戻ってきて、ホッと一息。



その後、すぐ、天が「おい、まるど、これを見てみろ」と呼ぶので、「なに~?」と買ってきたパンを見て、びっくり!

最後の一切れが、切れていない!?



 何度も見てみるけど、切れていない・・・。



 そこで、「日本だったらさー、こんなことって、ないよー」と言いながら、写真を撮ってしまいました。



 

 「切れていない一切れ」はこんなに大きいです。これをどちらが食べたのか・・・、もちろん、天です。


| 衣・食・住 | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ルートバーン道中のグリーンバード by レイザーJT

 は~い、皆さんこんにちは~。元気ですか~! レーザーラモンJTで~す! フォ~~~!

 

 さて・・・、

 NZの花は1月前半~中旬に最も多くの種類が咲き、蘭の種類も最も多く見られますが、今回はその中でもレアものの一品をご紹介します。

 

 その名は‘グリーンバードオーキッド’。「緑の鳥蘭」です。

一株に葉(羽?)が2枚で、くちばしを大きく開いているような花です。

 

 森の中の苔床に生えており、花の大きさは1.5cmぐらいあるのですが、緑色で背丈も低いので、なかなか見つけづらい花です。

 

 NZ全土に広く分布しているらしいのですが、あまり目にすることはなく、限られた場所にしかないです。1月前半~中旬のルートバーンツアーに参加すれば、見れるかも??です。

 

 ではまた、何かありましたらブログUPしますね~。


| 日帰りハイキング | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今日のテ・アナウ by まるど

  今日のテ・アナウは本当に暑い! 今朝、受けた日本からのメールには、日本は寒いとありましたので、日本でこれを読んでいらっしゃる方は「えーっ?ホント?」と思われるかもしれませんね、でも、本当に暑いです。

 もうすぐ来る前線の影響なのでしょうか? 諏訪出身のせいか、「寒がり」のまるどでも、今日は、裸足に黒クロックスのサンダル、です。



 今日のツトコの面々は、天が、12月から間2日ほどで、3本続いたツアー明けでお休み。

 とみーは今日からいらっしゃる、ハンプリッジトラックツアーのご案内で、クィーンズタウン空港へ。このグループさん、女性ばかりなので、とみーは暫く、「ハーレムの日々」になります・笑。

 まるどはオフィス業務の後、とみーのグループさんのホテルチェックインのお手伝い。いつもグループさんやお客さまがいらっしゃる時には、どんなお客様たちか、お会いするのが楽しみです。

 そして、レイザーJT はキーサミットハイキングのガイド。今日はお天気がいいので、頂上で「フォー」をやってくれることでしょう・笑。



 その他にも、現在、ここで一ヶ月近く滞在されているお客さま、27日からは私が日本でご一緒したお客さまが私の添乗先のツアーでここにお越しになる~、とたくさんの方がテ・アナウを訪れていらっしゃいます。



 仕事をしていると(会社をやっていると)いろいろ嫌なこともあるけど、お客さまと楽しい時間を過すと、そんなことも忘れて、また頑張ろうという気持ちになるんですよね。



 明日はいよいよ、万を期して、レーザーJT が登場!! 自分のサイトを持っているレイザーJT 、こっちのブログもよろしくね。 


| テ・アナウ | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

グリーンレイク  byとみー

 とても久しぶりの更新です。今期はこまめに更新しようと思いながらも、忙しさにかまけて更新しそびれてしまいました。



 1月に入り、テアナウも夏本番、トレッカーの姿がとても多くなってきました。みんなそれぞれ、いろいろなトレッキングを楽しんでいるようです。

 僕も休みの日にボーランドサドルへ日帰りハイキングに出かけました。ダートの道を車でひた走り、ボーランドサドルから稜線へ。写真は稜線から撮った風景です。高山植物もたくさん咲いており、とても綺麗でした。稜線から眼下に望んでいたグリーンレイクまで降り、周遊コースで駐車場に戻りました。このコースはフィヨルドランド国立公園のトレッキングルートの中では、穴場的存在のコースで、すれ違ったのは外国人カップルの2人のみ。とても静かなハイキングを楽しめました。



 フィヨルドランド国立公園には、日本で紹介されているトレッキングコース以外にもまだまだ素敵なコースがありますよ。ぜひチャレンジしてみてください!

| 日帰りハイキング | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

1月17日 by まるど

 今日のテ・アナウは、朝方、雨が降っていましたが、段々と晴れて来ています。

 今日は、天がルートバーントラック中で、とみーは私用でクィーンズタウンへ行き、レイザーJT も私用でダニーデンへ、そして、私はオフィスで2009年のカレンダーをにらみながら、来シーズンのツアー企画、スケジュール調整です。

 その今日は、1月17日。私と天の結婚記念日であり、初めてニュージーランドに来た日でもあります。



 いつも、この時期はシーズン中なので、「2人で結婚記念日を祝おう」なんていうことはありません。

 ただ、「必要なこと以外」覚えない天ですが、必ず、どちらかが電話をして、次の一年の「結婚の契約」更改をします。 その時、この結婚の契約を「更新する」か、「破棄するか」を、考えるわけです。

 さぁ、今日から、次の一年はあるのでしょうか・笑。



 それにしても、初めて出会ったのが、先日、お亡くなりになったエドモンド・ヒラリー卿がエベレスト登頂に成功した5月「29」日。

 今、ニュージーランドではエドモンド・ヒラリーに関する日を「祝日にしよう」となっていて、この日も候補の一つになっています。もし、この日が祝日になったら、「必要なこと(仕事や山のこと)以外」覚えようとしない天も覚えるかも・笑。



 それから、1年半ほどして、冗談みたいに結婚して、その一年後に、冗談みたいにニュージーランドに来たのが、「29」歳。

 29日に会って、29歳でニュージーランドに来て、初めて買った家の番地は「29」と、「29」が、私たちの“人生の節目“ナンバーになっているみたいです。

 でも、最近、こういうことを考える時、「シミジミ」してしまうのは、”20代ではない”ということなのでしょうね。



 そして、今日1月17日は、あの大きな被害があった、「阪神大震災」があった日です。

 関西地域に居住する方・関係する方たちの人生を変えたしまった日ですが、皆さんのその後の生活が幸せでありますように、ニュージーランドから願っています。


| プライベート | 07:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今年最初になります by まるど



 (大分遅くなってしまいましたが)皆さま、明けましておめでとうございます。

 本年も当社、ツトコアウトドアガイズをよろしくお願いいたします。



 ツトコガイズスタッフは皆、元気にハイキングに出ております。

 「が!」、12月は一回しか、ブログ記事がない・・・。全然更新しないブログでお恥ずかしいのですが、今シーズン(ニュージーランドのシーズンは11月から翌年3、4月)は、昨シーズン5人だったスタッフを、4人に変更したせいか、毎日、スタッフ配置に悩んでいます。



 当社のスタッフは「ガイド指名・指定」があるツアー以外、「誰が出ても大丈夫」なのですから、そういう心配はないのですけど、ツアーの数は昨シーズンと同じくらいか、少し多いくらいなのに、人数が少ないので、忙しくなってしまいました。



 そのため、ブログ更新も滞っています。特に、年末年始より、今週から今月一杯の方が忙しいので、気付いたら、先回の記事より一ヶ月開いてしまいました、ごめんなさい! 今週中にもう一回くらい更新するつもりでいます。ので、あとはとみー、よろしくね(と、逃げる)。



 追伸:1月11日に、ニュージーランドの英雄、サー・エドモンド・ヒラリー(ヒラリー卿)が88歳でお亡くなりになりました。山に関わる仕事をする人間として、お悔やみ申し上げます。

| ツトコ・アウトドア・ガイズ | 12:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |