テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

<< 2008-01- | ARCHIVE-SELECT | 2008-03- >>

| PAGE-SELECT |

TOP > ARCHIVE - 2008年02月

>> EDIT

ウエストランド国立公園 byとみー

 先週、トレーニングで、ウエストランド国立公園のマウントアームストロングにレイザーさんと行って来ました。標高は2170m。上写真はアームストロング山頂から望むマウントブルースターです。

 アームストロング山は、トレッキングレベルで山頂まで登ることができ、山頂から、氷河を抱く山々の雄大な展望を楽しむことができます。山小屋は半年前、新たに建て直されたばかりで、とてもきれいでした。小屋の前からも絶景が広がります。



 トイレ(下写真)もきれいで、しかもかなりの絶景ポイントに、ミルフォードトラックのマキンノン峠にある、「世界で最も美しい景色を眺められる」と言われているトイレからの景色を十分上まわるように思えました。



 この山小屋に宿泊して、レイザーさんと珍道中、楽しい1泊2日の山行でした。



 このコース、今後、ツトコスペシャルツアーに組み入れられることがあるかもしれません?? 乞うご期待ください!


スポンサーサイト

| トレッキング | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今日のテ・アナウ・3 by まるど

 今日のテ・アナウは、朝方、冷え込んだせいか、昼頃まで「雲海」が広がり、一瞬、「曇りで雨が降るかも?」と思うようなお天気でした。でも、段々と気温が上がって、雲が上がって、今は大快晴のいいお天気、です。



 今日から、レイザーJT ととみーは、トレーニングでウエストコーストの山&トレッキングルートへ。3日間の、男2人のむさくるしい旅、です。でも、今日から2~3日間ほど、いいお天気になるようなので、「仕事とは言え」楽しいトレッキングになるでしょう。



 そして、私と天は、相変わらず、2人でオフィス、です。先日の「今日のテ・アナウ・2」を読んだ数名の方から、「今年の旅行先は決まったの?」とのお尋ねがありましたが、まだ、決まっていない、のです・・・。

 ただ、昨年10月に「これで、半年はもちます」と言われた、治療中の左上奥歯が痛み出し、日本に行ったら「まず歯医者」だし、日本での予定も決まり出したし、なんだか今年も無理みたい・・・、はぁぁぁぁぁー。



 オフィスで(暴れはしませんでしたが)、「ねぇねぇ、行くとしたらどこ行きたい?」とレイザーJT に聞くと、段々と「世界のどこの女性が綺麗か?」の話になってしまいました。

 レイザーJT 曰く、「やっぱり、南米」だそうです。「そうよね、”美人三大国”は全て南米、だものね。それに、話をする時、顔を近づけるから、男性は”自分に気がある”って思ってしまい、骨抜きになるんでしょ?」と言うと、レイザーJT は何も言わず、コックリ(とうなずく)・・・。レイザーJT、なんだ、その「コックリ」は?



 まぁ、まだ、来シーズンツアーの作成・予約・サイト掲載、3月の年度末会計、4月のデータ移動、家の片付けなどなどのことを考えると、「どこかへ行こう」と言う気がそげて行きますが、いやいや、そんなことではいかん! 前向きに前向きに、ポジティヴに・・・と思いつつ、



 
うぁぁぁ-どこか行きたいよー。と、スッキリ*して、目の前の仕事を片付けようとする、まるどでした(次はまともなこと、投稿したいな・・・)。


| テ・アナウ | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バレンタインデーのいたずら by レイザーJT

 この日の天気予報は大雨、だったのですが、明け方の大雨のあと8時頃にはテアナウの町では晴れ間も見えていました。



 しかし10時半頃のキーサミットはまだ雲の中・・・。時間が遅いほど天気の回復が見込めるため、寄り道してから、ゆっくりとお昼過ぎから登り始めました。

 

 頂上近くで少し周りの山々の一部が見えてきたものの、まだ雲が多い状態。頂上で遅いお昼を取りながら、くもの取れるのを待つことに。それでも、いつも恥かしがりのクリスティーナは今日も顔を見せてくれない・・・。

 

 その時、短時間でしたが、雲間にクロスカット山等の俊峰が姿を見せてくれたのです。


 

 下り始めると雲の隙間がまた少しずつ広がりはじめ・・・、なんとハート型に! そしてそのハート型の窓の向こう側にもう一度クロスカット山が姿を見せてくれたのでした。

 

 そういえば今日はバレンタインデー、はは~ん、天のいたずらに納得しました。



 ちなみに、ニュージーランドでは、バレンタインデーに男性が女性にバラの花を送ることになっているらしいです。このハイキングの後、オフィスで、まるどさんに薔薇の花を「請求」されました。


| 日帰りハイキング | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

花探し by とみー

 先週、レイザーJT さんが担当するツアーにテアナウ~クライストチャーチまで便乗させてもらい、tutoko本改訂版に掲載したい、花の写真を撮りに行きました。

 行った先は、マウントクック国立公園内の山とカンタベリー地方の山。最大の目的、ペンワイパーはなかったものの、新たに数種の花の写真を撮ることができました。



 写真はその中のひとつ、ブラックデイジー。標高約1300~2000mの高山帯の岩場に咲く、小さな花で、生育エリアも限られています。



 今期は、天さんに加え、レイザーJT さんも植物の写真を撮りまくっているため、tutoko本に掲載する植物がとても増えそうです。数千枚の写真の整理が大変・・・。

 

 これから4月にかけて改訂版作成の作業を進めていきますが、どんな本になるのか楽しみです。作業はとても大変ですが、みんなで協力して、良いものを作っていきたいと思います。

| 日帰りハイキング | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今日のテ・アナウ2 by まるど

 今日もテ・アナウはいいお天気。今、レイザーJT はツアーでマウントクックからクライストチャーチに移動中。とみーも写真を撮りに同行させてもらっていて、不在。南島の北の方もお天気がいいようですから、お客さまも楽しんでいらっしゃることでしょう。



 スタッフ2人が居ないオフィスでは、私と天が2人で仕事をしています。



 私たちは「一応」夫婦なので、家でも一緒(って、当たり前か・・・)なのに、仕事場でも一緒だと、ほぼ24時間一緒にいることになります。まぁ、(天もそう思っていると思いますが)私たちは「夫婦」というより、仕事を一緒にしている「同士」という感じなので、これはこれで楽しいのですが、時々、ちょっと、飽きてしまいます。



 毎年、10月半ばから4月末頃までニュージーランドで、5月から10月半ばは日本という生活を送っている私たちは、日本ではそれぞれの実家に居させてもらっているため、「別居」となり、二ヶ月間、まったく会わないこともしばしば・・・。

 そんな生活をお話すると、珍しがる方、心配される方、羨ましがる方、納得する(?)方と反応は色々です。

 でも、こうして、家でも職場でも一緒だと、「一人になる時間(=自分だけで勝負する時間)」も必要なんですよね。だから、一緒に居ない時も(「の方が」・天)充実しているのかもしれない・・・。



 それと、「頑張った自分へのご褒美」も欲しい! と言うことで、毎年恒例、2月になると「どこかへ連れてけー」とリビングのカーペットの上で「イセエビ=伊勢エビ」のように手足をバタバタさせている、まるど。

 2007年は社内でいろいろあって、どこへも行けず、2006年は花の本出版で、どこへも行けず、2005年はフィヨルドランド国立公園内で起こった問題でどこへも行けず、と2004年5~6月のヨーロッパ(フランス・スペインアルプス)&アイスランド以来、どこにも行っていない!!!



 天!!今年こそ、どこかへ行くぞー!!と、オフィスでも「イセエビ」になって、暴れたくなるぅぅぅぅぅー。



 それを必死に我慢して、ブログをアップしている、まるど、デシタ。さ、仕事に励むか・・・。


| テ・アナウ | 14:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

日本と反対 by まるど

 「日本と反対」といえば、なんと言っても「季節」です。

 今日、いただいたお客さまのメールに「外は雪景色です」とあり、まるどは、思わずオフィスの外を見てしまいました。

 今、ニュージーランドは夏で、今日のテ・アナウは午後からお天気が良くなって気温も上がってきているので、つくづく「季節が反対なんだな~」と実感してしまいます。



 そのせいでしょうか、「ニュージーランドは夏だから」と薄着でいらっしゃる方が多いのです。もちろん、お天気のいい日の日中は気温が上がるので、半袖・薄着でも大丈夫ですが、夕方とか、雨の日ともなれば、気温が下がり、上着がないといられないほどになります。



 昨日、ミルフォードトラックを歩いてきたレイザーJT がテ・アナウに戻ってきましたが、同じグループの日本人の方が数人、体調が悪くなってしまい、中にはテ・アナウに出てきた方もいらしたそうです。

 いつもですと、ハイキングにいらっしゃる日本人は、「細身なのに体力がある・好き嫌いがない・よく歩く」と言われているのですが、やはり、1月下旬~2月ともなりますと、日本は真冬、ニュージーランドは夏の気温差で、体調を崩してしまうのでしょうね。



 折角いらしても、体調が悪いと楽しくありませんし、長時間のフライトで、ある程度のお金をかけていらっしゃるのに、寝ていてはもったない! 

 元気にご旅行いただく秘訣は、とにかく「体温(=ご自分の体感温度)調節をマメにすること」、乾燥している国なので、「うがいをすること」「室内に湿気を作ること」です。



 これから、ニュージーランドにいらっしゃる方、上記3つを参考にされ、気温差に負けず、お元気に楽しく、ご旅行なさってください。Have a good time in New Zealand  ! です。

| ニュージーランド | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |