テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

<< 2008-02- | ARCHIVE-SELECT | 2008-04- >>

| PAGE-SELECT |

TOP > ARCHIVE - 2008年03月

>> EDIT

マナポウリ湖 byとみー

 

 先週の休日に、フィヨルドランド国立公園にあるマナポウリ湖という湖をカヤックで漕いできました。

家から車で15分ほどの距離に、このような美しい湖(もちろんテアナウ湖も素晴らしいですよ!)があるのは、とても幸せなことだなぁ、と思いながら、のんびりした休日を過ごすことができました。



 あと1ヶ月ほどで日本帰国です。それまでまた、パソコンを睨みながら、本の作成を頑張ります。
スポンサーサイト

| フィヨルドランド | 11:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

チベットの行く先 by まるど

 昨年7月に、添乗でチベット族の町である香格里拉(シャングリラ・以前の「チュウデン」)を訪れました。そこで会ったチベット族のお宅の可愛いおばあちゃんは、私たちの姿が見えなくなるまで手を振ってくれました。



 そして、同じく昨年9月中旬に訪れたチベット。”天空列車”、ラサまで標高4000メートル以上の所を走る青蔵鉄道の寝台で同じ部屋だった、チベット人のおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんの家族。

 寝台で作る朝ごはんの「ツゥワンパ」が、お父さんの手で、さらさらの粉からお餅のようになるのを珍しそうに覗き込む私をみて、4人が優しく微笑む目はとても穏やかでした。



 今月起こった騒乱の中、あのシャングリラのおばあちゃんや、仲良くツゥワンパを食べていた寝台の家族の方はどうしているのだろう・・・と思うと、やりきれない、切ない気持ちになります。



 歴史が大きく変わる中で、独自の文化や宗教や生活を守るために、他国との繋がりを絶って、鎖国みたいに国を統治していくのは難しいことかもしれません。

 だから、ダライ・ラマ14世はいろいろなことを学び、ハインリッヒ・ハラーと交流して、自分の国のスタイルを守りながら、「チベット」として国際社会に参加していこうとしていた~と思うのです。



 でも、残念ながら、それが出来なかった。

 だから、チベットの人たちは、「自治地区」という形でできるだけ、「チベット」を残してきたと思います。



 人と人の関係には、主張と妥協があり、そのバランスで信頼関係が構築されていきます。しかし、主張ばかりしていたら、喧嘩になり、やがては分かれてしまいます。国同士も同じことでしょう。



 私ごときが歴史の中で起こったことをとやかく言っても始まりませんが、私が見たチベットの人は、十分妥協して、その中で自分たちの生活をしていました。



 それなのに、今回のように「話し合い」をせず、武力で押さえつける必要があったのでしょうか。

 こういうことによって、恐い思い・嫌な思いをするのは、この普通の生活をしている人たち、おばあちゃんや寝台で出逢った家族の人たちです。



 早く早くチベットが平静を取り戻し、チベットの貴重な文化・生活スタイルを尊重されて、人々が安全に生活できる状態を願ってやみません。


| その他 | 13:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

すっきり by まるど

 ニュージーランドは18時半ですが、お天気のいい今日はまだ日が高く、コンピューターが三台稼動しているオフィス内は暑くて、天は裸足、とみーは袖を捲り上げで仕事をしています。

 今年の「サマータイム」は「3月16日まで」でしたが、これが延長され、4月6日までになりました。そのせいか、昨日、オフィスに来て、コンピューターを見ると、自動的に夏時間が変更されていましたし、受信したメールも一時間遅い時間になっていたりして、みんな、そのことに気付いていないようです。



 さてさて、以前から「スッキリしない!」とモンモンとしていたまるどの近況ですが、このモンモンの原因である、「気がかりなこと」が一つずつクリアになって来ており、モンモンレベルは低下、及び、天へのとばっちりも減少気味です。

 あとは、来シーズンのツトコオリジナルツアーをサイトに掲載して(もう少し、お待ちを!)、一年分の会計のまとめをやって、4月。そして、今シーズンのまとめをやって、そのデータを移動したら、オフィスを大掃除。その後、五ヶ月空ける自宅を大掃除したら「終わり」・・・、あ~、山の頂上が見えてきた気分!



 それに対し、天ととみー(多分、レイザーJT も巻き込んで)は、花のデータ作成が中々進まず、大変そうです。学名などは「間違えてはいけないこと」なので、とても神経を使います。

 実は現在、出版している弊社の本も、印刷途中で、印刷業者の方が「歩ける」が「歩けるる」になっていることに気付き、急いで印刷を止めた~ということもありました。

 だから、「間違いのないように、間違いのないように」と神経を使い、なかなか「すっきり」とはできないようです。



 花データ作成は、まだまだ頂上の取り付きが見えてきませんが、必ず必ず「終わり」があるはずだー!と、頑張っています。



 全てのことをクリアにして、シーズンが終わるように、皆でコツコツコツコツ・・・ツトコ・・・トコトコじゃない、コツコツコツ・・・です。



 

| ツトコ・アウトドア・ガイズ | 14:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

もうすぐ秋 by とみー

 早いもので、もう3月に入りました。テアナウの街路樹に植えてあるポプラは薄黄色に、もみじも赤く綺麗に染まり始めました。夏は22時すぎまで明るかったのですが、最近は19時すぎには暗くなり始めます。もうすぐ秋、という感じです。

1cd65b08.JPG

 ネイティブの植物も花を終わらせ、実をつけはじめました。キーサミットのエーデルワイスも頑張っていましたが、そろそろ限界いうところでしょうか・・・。

 今はニュージーランドリンドウが見ごろです。



 今シーズンもあと僅かですが、最後まで安全に楽しくハイキングの仕事に励みたいと思います。









| ニュージーランド | 09:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今そこにある危機・2 by まるど

 今朝のテ・アナウは、ぐっと冷え込み、久しぶりに「ベットから出たくない朝」となりました。先回の投稿で、私を唖然とさせた天は、8日からツアー、プラス、自身の山歩きで今週一杯いません。いないと、こんなに気が楽になるのか・・・・、仕事や家事に集中できるのか・・・、と変に実感しています。

 先回の投稿について、天は「捏造だ」と反論するので、問いただすと、「まるどは、いつもオレのことを“危険な香りのしないオトコ”って言うけど、オレは本当は、”危ないオトコ”なんだよ。それが、離婚したらわかると思う~ってことを言いたかったんだよ。でもさー、こんな夫婦のくだらない話し、ブログに載せるなよ」と言われました。



 そう言われて、「じゃ、”危険な香りにするオトコ”は誰?」と考え出してしまいました。う~ん、誰だろう・・・、間違っても天じゃない・・・と、それ以上は無視。

 きっと数年前までは、ジョニー・デップだったかもしれませんが、「パイレーツ~」のスパロウ船長は「彼そのもの」だと思うので、“危険な香り”が減ってしまっていますね・・・、やっぱり、白人ラッパーのエミネムでしょうか。

 “危険なオトコ”というのは、家庭環境とか育ってきた過程とかが大きく影響すると思うのですよ。そう考えると、自伝的な映画、「8マイル」の内容から言っても、エミネム、かなぁ。



 そうそう、「危険」と言えば、ニュージーランドへトレッキングへいらっしゃる皆さま、皆さまがご利用されているトレッキング・ハイキングガイド行為にも規定があることをご存知ですか? お金を払ってガイドしてもらっていた”行為”が「違法な行為」だったのでは、折角の旅行が台無しになってしまいます。この危険を回避するためにも、これはぜひ知っていただきたいことです。 



 ニュージーランドでは、国立公園内(保護区)などでガイドをする場合、「コンセッション」と言う許可権が必要ななり、これを所持していない人は国立公園内でガイドをすることが認められていません。

 これは、日本からいらした添乗員さんでも一緒です。添乗員さんだけで「ガイドなし」の場合は、ご自分たちだけで歩かなくてはいけない、ということです。

 (更に、詳しく知りたい方は当社サイトをご覧下さい→こちらをクリック



 ニュージーランド環境省は、ここ5~6年前から、増加してきた不法ガイド行為を取り締まるようになりました。 日本ではこういったことが新聞で取り上げられることは少ないと思いますが、ニュージーランドでは、「法に則って、ニュージーランドの自然を楽しんで欲しい」という注意喚起の意味でも、新聞などに掲載しています。

 つい、先日も、有名なアオラキ/ マウントクック国立公園で、2社の違法ガイドがお客さんを連れて歩いていたことが掲載されました。→ 3月1日付のTimaru Herald(ティマルヘラルド・英語版)



 この国の人から見れば「外国人」である、私たちもニュージーランドで営業する以上、この国の法律に従って、会社を設立し、運営し、スタッフを雇用し、ガイドをしています。

 これは、本当に本当に大変なこと(正直、時々放り出したくなることもあります)ですが、とみーやレイザー、テ・アナウの人たち、私たちがニュージーランドに来てから面倒を見てくれた人たちに、支えられて、踏ん張ってます。



 当社、ツトコアウトドアガイズは、皆さまに安心して、ニュージーランドの自然を楽しんでいただくためにあります。

 (今シーズンもあと残り僅かですから)「来シーズンこそ、ニュージーランドトレッキングを!」とお考えの皆さま、当社へのご連絡をお待ちしております・ペコリ*。

| フィヨルドランド | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今そこにある危機 by まるど

 今日のテ・アナウはいいお天気。ハイキングに行った、天・とみーはお天気に助けられ、それぞれ好調なことでしょう。

 レイザーJT は、自身の山行から戻り、8日にホキティカで開催される、Wild Food Festival に行くために今日からウエストコーストに向います。



 それに対して、ここのところのまるど。先回の投稿にもある、(自分の旅行よりも)ツトコの仕事がスッキリしないという「スッキリできない状態」が、すでにこれが三週間近く続き、どんどん鬱積していく、良くない状態、でした。

 先日、そのネガティブ思考は加速を増し、夜中という時間も手伝って、どんどんどんどんどんどんどんどん加速して、遂に、私と天が離婚した方がいいのでは? というところまで「行って」しまったのです。

 

 意を決して、寝る前に天にその話をすると、天からは*無言*の返事。

 「あー、もうどうなってもいい!」と投げやりになって、離婚するにはどういう手続きをするんだろう、離婚したらどうやって生活していこう、と、モンモン、イライラ、ムカムカ、ズーンズーンと、「今が私の人生最大の危機かもしれない」と考えながら、やっと眠りにつきました。



 翌日、私より随分早く出かけた天と顔を合わせたのは、夕方。そのまま夜になって、前夜のことを話し始めると、「そんなことはハナから考えていない。どうせ、また、まるどのネガティブ思考の堂々めぐりだろ」。



 いとも至極当然の簡単な答えに黙ってしまったまるど。

 そうすると、「でもさー、離婚っていうのは、ある意味”また、新しい人生が始まる”ことも含むだろう? そう考えると、“してもいいかな”と思うときもあるんだよね。それにさ、オレ、離婚したら、どのくらいモテるか試してみたいんだよね。」



 はぁぁぁぁぁー?



 「俺さー、20代の頃、モテたんだけど、軽くアシらっちゃって、今、思うと、すごい”モッタイナイ”ことをしたな~と思うんだよね。だからさ、今度はさ、アシらわなかったら、すごいモテると思うんけど、それがどのくらいか、どんなふうか経験してみたいんだよ。どう思う? オレ、モテると思う?」



 ・・・・・・・・・・・・・・。(唖然)



 私はこのアホ話で一気に力が抜け、「人生最大の危機」は一転して、「ま、なんとかなるさ」の安らかな気持ちになってしまいました。



 どうぞ、このアホな天に会って見たい方、一目みたい方は、ニュージーランド南島、テ・アナウにお越しください。

 そして、今回こそ、まともなことを投稿しようと思ったのに、いつもこんな話になってしまう、まるどをお許しください。



 次こそ、次こそ、とみーとかレイザーみたいに「まともなこと」を投稿しまっす。



 (追伸:今日のタイトルは、ハリソン・フォード主演の映画の題名ですが、この映画と今回の内容は全然関係ありません・・・)


| 衣・食・住 | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

今日のテ・アナウ・4 by まるど

 暦も3月に入り、今日は、3月3日の「ひな祭りの日」です。日本ですと、梅のつぼみが膨らみ、暖かい陽射しの中、甘酒~のころですね。

 テ・アナウでは、先週末、3月1・2日と激しい雨が降り、おまけに気温も下がって、急に秋になってしまいました。各家では、ファイヤープレース(暖炉)で火を炊いているのか、煙突から煙がもくもく・・・。(使っていないけど)床下暖房のある我が家には暖炉がないので、ガスヒーターなのですが、久しぶりに使ってしまいました。



 しかし、今日は打って変わって、とてもいいお天気ですが、気温は低め、です。つい最近まで、暑かったのが嘘のよう。3月にこちらへいらっしゃる予定のある方は、服装や体調に要注意です。



 今日のツトコガイドの面々は、まず、2月末で、一旦、仕事を終えたレイザーJT は、いいお天気になったので、自分の山行の下見。昨年1月、マウントクック単独登頂をやり遂げた情熱は、まだあるかぁー!?という感じでしょう。

 とみーは今日からいらっしゃるグループさんを迎えに、ダニーデン空港へ運転中で、今日の夕方、テ・アナウに戻ります。

 そして、天は早朝から、テレビ撮影の仕事、といっても天が撮影されるのではなく、景色&ニュージーランド人ガイドさんの撮影に現地アシスタントで同行の仕事、です。

 とにかく、昨日までお天気が悪く、3日間待ちつづけた撮影スタッフさんたち。今日は、待った甲斐のあるお天気となり、思いっきり撮影に集中していることでしょう。



 そして、私はオフィス。お待たせしている、ツトコオリジナルツアーをできるだけ早くサイトに掲載したい!のですが、来シーズンの予約の返事待ちで、次の予約に移れず、また、請求したのに入金がない、年度末の会計作業、など、悶々としていて、思わず、「気がかりなことリスト」を作ってしまいました・・・。このリストから一つ一つ事柄が減っていくと、気持ちもスッキリしていきます。



 弊社サイトでもお詫びしておりますが、このオリジナルツアー、予約などがクリアになりましたら、すぐにお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいね。あー、早く、スッキリしたい!のまるど、でした。

| テ・アナウ | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |