FC2ブログ

テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

<< 2008-10- | ARCHIVE-SELECT | 2008-12- >>

| PAGE-SELECT |

TOP > ARCHIVE - 2008年11月

>> EDIT

厄日 by まるど

 今日のテ・アナウはとてもいいお天気です。こちらはすでに夜の7時近い時間ですが、お日さまはサンサンと照っていて、日本からいらしたお客さまが「時間の感覚が狂う」と仰るのも無理ないほどです。



 そんないいお天気の日に「厄日」なんてタイトルの投稿になりましたが、昨日は、本当にそう思えるような出来事があった一日でした。



 昨日朝、いつものようにメインのPC (日本から背負ってきた2001年購入のIBM)のスイッチを入れたのですが、調子が悪いのか、モニターに何も映らず、キーボードの電源が入らないのです。ここ最近、そういう「症状」でしたが、一度、スイッチを消して、少し立ってから再度スイッチを入れると、モニター&キーボードの電源が付いたりしていました。



 しかし、昨日はモニターを30分ほど「暖めて」からやっているのに、小一時間、3度やっても付かない・・・、「何でかなー」と思いながら、電源を切って、全ての配線をチェックしました。その時、ふと、目が行ったのが「電圧スイッチ(115V / 230V)」。

 これを動かしても変わらないよな・・・」と思いながら動かすと、バチン!と火花★が飛び、焦げ臭い匂いが・・・。 そうです!、私はPC の電源を切っていたのですが、AC アダプターはコンセントに差し込んだまま、そのコンセントの電源(NZ のコンセントにはスイッチが付いています・・・)は切っていなかったのです!!!



 つまりつまり、230V の電圧がかかっているのにもかかわらず、115V に変えてしまった、のです。





 がぁぁぁぁーん。 しばらく頭は真っ白に・・・。一人しかいないオフィスで、「どうしよう、どうしよう」を何回も言ってしまいました。



 以前、私は感電死しそうになったことがあって(室内履きの底がゴムだったので助かった、ようです)、それ以来、電源スイッチについては、天にうるさくうるさく言われていました。



 それなのに、またやってしまった・・・。

 電圧スイッチの上部では、イーサネットコードの電源ライトが付いていた=電源が入っていた、のに・・・・。





 気を取り直した私は、まだテ・アナウに来て3日目のレイザーJT に電話しました。彼は理系大卒で、やたらコンピュータに詳しい、実は「ヲタク」系なのです。

 「あのね、あのね」と子供のように説明する私に、冷静に「それなら電源ボックスを取り替えれば何とかなるかもしれませんねぇ~」と答えるレイザーJT、おおー、希望の光が見えたぞぉ!

 

 思わず、「レイザー、早く来てくりぃぃぃぃぃぃぃー!」と叫びましたよ。それが、11時半。



 レイザーJT がいつものように飄々とやってきたのが13時ころ。私がカバーを開けておいたPC を見て、「これは買った方がいいです」と淡々と説明しながら、さっさとハードディスクを取り出し、「これは”いっちゃって”ないから大丈夫ですよ」とあくまで淡々・・・。



 幸いなことに、11月4日にデータのバックアップを取っており、その日までのデータは他媒体に残っていましたので、全て消えてしまったわけではありません。

 それ以降、4~18日にやり取りしたデータは、各社さま、お客さまにお願いして、送ってもらうことにしました。



 「新しいのを買うしかないのか」と思い、決断して、レイザーJT にいうと、テキパキとニュージーランド国内の業者を探してくれました。また、OS は日本語のWindows XP を入れることになり、それも日本のサイトで注文。

 それら全ての注文が終わるまでがほぼ3時間。短時間で済んでしまって、びっくり!です。



 新しいPC は今週末には届く予定で、Windows も来週末には届くので、その後はデータを移して、「いつも」どおりになります。それまでは、私のラップトップに頑張ってもらうことにしました。



 あー、よかった、本当に良かった、ありがとうレイザーJT、うるうる$_$・・・。



 マズイ!、一つ大事なことを忘れていた・・・、天になんて説明すればいいんだろう・・・、 あー、困ったよー、どうしよう・・・、恐いよー・・・。



 厄日はまだ続く・・・のであった。
スポンサーサイト



| ツトコ・アウトドア・ガイズ | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |