FC2ブログ

テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

HOME > スポンサー広告 > title - 東北地方太平洋沖地震について by まるどHOME > その他 > title - 東北地方太平洋沖地震について by まるど

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東北地方太平洋沖地震について by まるど

 先月22 日にクライストチャーチで起きた地震の傷がまだ癒えぬまま、3月11 日、東北地方で大きな地震津波災害が起きました。



 私たち、ツトコアウトドアガイズスタッフは、この地震で犠牲となられた方々のご冥福をお祈りいたしますとともに、被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げ、一日も早い復興を祈念しております。





 この地震の起きた翌日、心配した近所のキーウィたちが私たちの家族の安否を尋ねてきてくれ、ニュージーランド政府も大変な状況なのに、政府はすぐに救援隊( Search and Rescue) を派遣してくれ、この国とこの国の人たちにとても感謝しています。



 自宅はNHK がないので、CNN やBCC、Sky News の映像を見ていたのですが、それでは詳細も現時点での状況も判らず、インターネットも見ながら情報を得ている、というのは海外に在住する日本人、皆、同じでしょう。



 しかしながら、その中、どうしても不信感や憤りを感じるのは、計画停電や原発事故についての報道です。

 こういう時だからこそ、デマも含むたくさんの情報から正しい情報を得て、正しく判断して、行動することが大切なのは皆、理解しています。



 だから、クライストチャーチ地震の時、ジョン・キー首相とボブ・パーカー市長は、まず「非常事態宣言」を出し、市民に「夜間外出禁止」を命じ、常に判りやすい、力強い言葉で、状況と今の対応を伝えました。

 このリーダーシップとそれらの言葉に安心したのはクライストチャーチ市民だけでなく、動揺している他の地域の人たちもです。



 日本はもっと大きな災害なのに、菅首相は今だ非常事態宣言を出さず、日本政府は計画停電や原発事故の状況について、はっきり伝えず、国民の動揺と少ない生活用品の買占めの我が儘は広がるばかりです。



 また、政府と東電は「原発から半径30㌔の住民は避難。健康にはまだ影響なしのレベル」と言っていますが、CNN やBCC ははっきり「このままでは危険」と報道していて、どちらが正しいのでしょうか。



 外から日本を見ている私たちは、困難な大変な時にも節度を守ろうとする日本人の素晴らしさを改めて知るのと同時に、日本の政治家のリーダーシップのなさ、幼稚な考え、甘い対応が判りすぎて、日本には強い政治家がいないと再度認識し、情けないほどです。



 日本政府は直ちに非常事態宣言を出し、国民に「大変な時」だと理解させ、節電や節約生活を「しなくては」と感じさせ、国民に協力をお願いしてください。そして、原発事故については全て、悪い状況も明らかにして、識者などの協力により対策を早く講じてください。
スポンサーサイト

| その他 | 08:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tutoko.blog.fc2.com/tb.php/211-b5b2104f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。