FC2ブログ

テ・アナウでの日々~ツトコスタッフブログ

ニュージーランド南島、テ・アナウを拠点にトレッキングが中心の自然を対象にしたツアーを催行する会社スタッフのブログです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

HOME > スポンサー広告 > title - マウント・アルフレッドのコースチェックに行ってきました 2 by まるどHOME > トレッキング > title - マウント・アルフレッドのコースチェックに行ってきました 2 by まるど

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マウント・アルフレッドのコースチェックに行ってきました 2 by まるど

「パラダイス」と呼ばれるワカティプ湖北にあるグレノーキーの街から、マウント・アルフレッドにコースチェックに出かけた天とまるど。

 午前中の気温が低めなのに助けられて、順調に頂上に到着したのは良かったのですが、下りはサバイバルなことに。その為、下りでの写真が一枚もありません、ゴメンなさい。

 今回、久しぶりにニュージーランドのワイルドなトラックを歩いて、体力低下を実感したまるどは悔しさのあまり、「もう一回行ったら、スムーズに歩けそうな気がする」と思っています。

 それでは、続きをどおぞ。


 素晴らしい景色を堪能した1時間の休憩後、14時過ぎに出て、帰りは「別のコースを行こうぜ」と言う天の後に続くことに。

 しかし、この「別コース」、ハンターさんたちが使うトラックでタソック(イネ科植物)が伸び、下りでは滑るすべる
 面白いので、滑り台みたいに滑っていたら、「勢いがつくと下まで一気に滑って危ないぞ」ということで、様子を見ながら滑る方針にしました・笑。

 このタソックの中をトラバースしたのですが、所々トラックがなく、天も「あっれ~、こんな道だったかな?」と言い出す始末。私はタソックの茂みで隠れてしまった「穴」に足を取られないように歩くのに必死です。

 今回のコースチェックのポイントは「お客さんにとって、どんなコースか」なので、お客さんの目線で歩くという点から言って、このコース、大丈夫かなぁ~
 天が言うには「20年近く前に歩きに来た時は、これがメイントラックでもっとはっきりしていたから、帰りは別コースで、に使えると思ったんだけどな~」、だそう。

 そうは言っても今は判り難くいし、もうここをトラックに使っていないことを考えれば、「登りと同じ道で、危険箇所を案内しながら、ガイドを二人付けて、メイントラックを下ってきた方が良いかも」、と言うことになりました。

 午後の暑い日差しをよける為に、途中から森に入ると、川の流れる小さな谷があり、これをいくつか越えて、やっとメイントラックに戻り、一安心。暑い日差し+ニュージーランドスタイルのワイルドトラックに私はヘトヘトで、下りは登りと同じくらい時間がかかってしまいました、トホホホ・・・

 でもでも、このコース、日本の「登って、下って」というコースを歩いていらっしゃるお客さまには良いコースかもしれない、と思いました。標高差はあっても、頑張って登った後の景色は本当に素晴らしいコースです。

 だから、やっぱり、こうして実際、自分で歩いてみるということは大切なことですね。
 歩きながら、「もし、日程に入れるのなら時間はどのくらいで」、「ランチをどうやって」、と考えることができましたし、お客さまからお尋ねが来ても、すぐにお答えすることが出来ます。

 このマウントアルフレッドを歩いてみたい方、どうぞ、当社にお問い合わせください。
スポンサーサイト

| トレッキング | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://tutoko.blog.fc2.com/tb.php/297-9015312f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。